スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル、再び! vol. 2 カスカイスのポザーダで至福の休日






凍りつくような寒さです。
こういう日はあったかいお鍋が恋しくなります。


この要塞の中に滞在しました。
ポザーダは古城や修道院をはじめ
歴史的建造物を改装したホテルのことで、
ポルトガル国内に35軒あります。
一度ポザーダに泊ってみたかったので、
色々検索したところ、
この2012年にオープンしたばかりの
カスカイスのポザーダに決めました。




DSC_4423.jpg





要塞が造られたのは16世紀に遡ります。
壁の向こうには広々とした中庭があり、
正面がホテル。




DSC_4425.jpg




建物の角に趣のある日時計。




DSC_4346.jpg





白を基調にしたお部屋は明るく
広々としています。





DSC_4341.jpg





海の見えるお部屋を選んだので、
テラスからは海と船が見えます。
開放的で、リラックスできます。





DSC_4362a.jpg





到着した日はLumina-光のフェスティヴァルの
最終日で中庭でショーが開催されると、
フロントで教えてもらったので、
海辺をぶらぶら歩いた後は
ポザーダのレストランで食事をしました。

ポルトガルのレストランでは最初に
パンやバター、オリーブ、チーズなどの
おつまみが出てきます。
有料なので、食べない物は最初に下げてもらいます。
自家製のパンがとても美味しく、
オリーブオイルはフルーティ、
オリーブについ手が伸びてしまいます。

最初に注文したスープ。
ポルトガルはスープもいけます。





DSC_4367.jpg





そしてタコのグリルとサラダ。
香ばしくて、柔らかくてジューシー。




DSC_4371.jpg






こんな大きな蓋つきの器で出てきた
魚介のリゾット。
アツアツです。
イタリアのリゾットよりは水分が多く、
スープに近い感じです。
魚介の旨みをたっぷり含んだ
リゾットはまた食べたくなります。






DSC_4360.jpg
CRASTO 2012 Quinta do Crasto





両親にとってはポルトガルで初の食事。
ちょっとよい白ワインを選びます。
土着品種3種類をブレンドしたワインで、
レモンのような爽やかな香りと
華やかなフローラル香に好感を持ち、
飲んでみるとすっきりしてるのに
上品な旨みが口いっぱいに広がります。
とてもバランスがよいいいワインです。
この旅のベスト白ワインはこの一本!




DSC_4376a.jpg





食事としているとどんどん日が暮れ、
光のイベントが始まりました。
見物客が次々に入ってきます。
私たちは座って食事をしながら鑑賞。
建物に光の動画が映し出され、
鮮やかな色使いで、
ストーリがあって面白い。
食べて、見て、飲んで、幸せな夕べ。




テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Kaorina

Author:Kaorina
お立ち寄りありがとうございます!

イタリア語で宝物は『テゾーロ』。
大切な人を呼ぶ時も『テゾーロ』。
宝物がいっぱいのイタリア。
フィレンツェ生活を彩る私の宝物を気ままに綴ってみたいと思います。

フィレンツェ在住。イタリアソムリエ協会公認ソムリエ。見本市や商談などビジネス通訳やコーディネイト、執筆、ワイナリー訪問の企画、個人旅行のお客様のアテンド等を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

Girasolilogo.jpg
フィレンツェ発
ビジネスサポート、個人旅行プライベートプラン


◆このブログに掲載されているテキストや写真の無断複写、転載をお断りいたします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。