スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のパンドーロ







とっておきのパンドーロ。
シンプルに包まれたヴェローナ近郊の老舗菓子店Perbellini(ペルベッリーニ)の
パンドーロは木の枝が持ち手になっています。
この大きさ(850g)のみ。






DSCF0521.jpg





わくわくしながら開けると、
ふんわりバターの香りが広がります。
手作り感たっぷりでふわふわ。
あまり甘くないほうがいいので、粉砂糖は少だけふりかけて。







DSCF0531.jpg





卵とバターをたっぷり使った生地は
しっとり柔らかく上品な味わい。
こんなに美味しいパンドーロは初めて。
食べる前に少し温めるとよりいっそう美味しい
と説明書きに記載されているので、次試してみます。

明日はクリスマス。
一足早く味わったちょっと贅沢なクリスマス菓子。

Buon Natale!
素敵なクリスマスをお過ごしください。






スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

食べ出したら止まらないパネットーネ






イタリアの二大クリスマス菓子、パネットーネとパンドーロ。
前者はミラノ銘菓でドーム型の甘いパン生地に
干葡萄やフルーツの砂糖漬けが入っています。
後者はヴェローナ銘菓で八つ角がある星型で
卵とバターとバニラの風味。
最近はどちらもチョコレートコーティングされたり、
バリエーションが豊富です。

パネットーネかパンドーロ、どちらが好き?
この時期のよくある話題です。
私はパンドーロ派。
シンプルな生地そのものが香ばしくて好きなのです。




DSC04276.jpg





先日近所のお菓子屋さんでCorsini Biscotti
(コルシーニ・ビスコッティ)社のパネットーネを買いました。
トスカーナ南部のお菓子屋さんで、
天然酵母を使ったパネットーネ。
プレゼント用にするつもりが
誘惑に負けて開けてしまったのです。
柔らかい生地そのものが美味しい上に、
中に入った大粒の干し葡萄、オレンジピール、
シトロンピールがまた美味しくて、止まらなくなりました。
やっとのことでストップ。
小振りで可愛いく見えますが、500gあります。

普通サイズ(1kg)は栗バージョンやアプリコット、チョコなど
数種類あるので、また試してみたいです。
栗のパネットーネかなり気になる・・・。
パンドーロ派と言えど、手作りのパネットーネは侮れません!


追記:
昨年フィレンツェのお菓子屋さんでパネットーネの取材をしました。
『素材のちから』ウェブ版に掲載されていますので、合わせてご覧ください!
ここのパネットーネもお勧めです。

http://www.sozainochikara.jp/archives/1229




テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

青空とクリスマス飾り







寒い寒いと思ったら今朝は雪。
クリスマス前の初雪。
午後からは雨に変わっています。
しばらくこの寒さが続くようです。

昨日は青空がきれいだったので、
仕事帰りに街の様子を撮影。
ドゥオーモ前ではクリスマスツリーを設置している最中。
カメラを持っていると普段気付かないことが目に留まります。
至る所で工事しています(笑)。
空気が冷たくて、
ピントを合わせるのもシャッターを切るのも
手がかじかんで辛い。

ドゥオーモ広場からシニョリーア広場までの
カルツァイウオーリ通りには
昨年と同じかごが吊られています。
昼間は赤と緑が映えます。






DSC_3130.jpg





シニョリーア広場のシャネル前。
隣のカフェ、リヴォワールまで続く
壁のツリーがさりげなくていい雰囲気。





DSC_3106.jpg






こちらはストロツィ宮殿前のカルティエ。
ここのデコレーションは毎年楽しみにしています。
今年はさまざまなサイズの箱が主役。





DSC_3099.jpg





その奥のステファノ・リッチ。
同じアーチを描いても、ずいぶん印象が違います。
この写真ではわかりづらいですが、赤い林檎。


明日12月8日は聖母マリアの無原罪の宿りで祝日。
寒い連休になりそうです。







テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ジッリのお菓子の家






今日は久しぶりに朝から快晴。
冷え込みが厳しく、冷たい空気が肌を刺します。
はや12月。
今年も残り僅かです。


不況真っ只中でも、
クリスマス前で街が華やいできました。
イルミネーションが点灯し始め、
クリスマス向けにディスプレイの模様替え。

老舗カフェのジッリのディスプレイを毎年楽しみにしています。
大人の愛らしさに惹かれるのです。
イタリア人のセンスの良さを実感する瞬間。





DSC04253.jpg





グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』に出てくる
お菓子の家みたい。






DSC04254.jpg





束の間の甘い夢を見させてくれます。



テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Kaorina

Author:Kaorina
お立ち寄りありがとうございます!

イタリア語で宝物は『テゾーロ』。
大切な人を呼ぶ時も『テゾーロ』。
宝物がいっぱいのイタリア。
フィレンツェ生活を彩る私の宝物を気ままに綴ってみたいと思います。

フィレンツェ在住。イタリアソムリエ協会公認ソムリエ。見本市や商談などビジネス通訳やコーディネイト、執筆、ワイナリー訪問の企画、個人旅行のお客様のアテンド等を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

Girasolilogo.jpg
フィレンツェ発
ビジネスサポート、個人旅行プライベートプラン


◆このブログに掲載されているテキストや写真の無断複写、転載をお断りいたします。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。