スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばら売りのバッビ






フィレンツェのチェントロで
クリスマスの飾りつけがちらほら見られるようになりました。
またカメラを持って出掛けなくては!


その一環なのかイタリアの大手デパート
La Rinascente(ラ・リナシェンテ)のショーウインドに
Babbi(バッビ)の広告がでていました。
ロマーニャ地方のウェハースで有名な高級菓子メーカーで
一時日本に出店していたようです。
食べたい衝動にかられてフロアに行ったものの、
贈答用のパッケージが中心。
その日は買わずに帰ってきました。

後日、近所のお菓子屋さんを覗いてみたら
あ、あ、ありました!
ばら売りなので、手軽に色んな種類が選べます。

定番のViennesi(ヴィエンネージ)は
ウェハースの間にクリームが挟みこまれ、
ダークチョコレートでコーティングされています。
三層仕立てで、リッチな大人の味。

水色の包みはWaferini(ワフェリーニ)。
薄いウェハースのバニラ&ヘーゼルナッツのクリームサンド。
サクサク感とクリーミー感が絶妙。

小さい包みのBabbini(バッビーニ)には6種類の味。
ウェハースとクリームが層になっているのは
ヴィエンネージと同じですが、
味によってコーティングされているチョコの種類が違い、
小ぶりなサイズでお手軽です。

ばらだと一見フツーのお菓子に見えますが、
食べるとしっかり高級な味。
おいしいお菓子は幸せな一時を運んで来てくれます。











スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

スターシェフが作るビールを使ったリゾット






またまた雨。
この秋は長靴が大活躍。

フィレンツェでは11月3日から18日まで、
Biennale Enogastronomica Fiorentina
(フィレンツェのワインと食のビエンナーレ)
が開催されました。
しばらく仕事に追われていたため、そんなことは露知らず。
数々の面白い試飲会やイベントを見逃し残念!
最終日のFermento Birra Show(発酵ビールショー)のみ
イベントに滑り込みセーフで予約しました。

会場は旧裁判所
こういう歴史ある建造物が催しに開放されるのは
イタリアで暮らす魅力のひとつ。




DSC04222.jpg





職人ビールのブースを中心に
チーズとサラミ類の直販。
時間ぎりぎりについたので、急ぎ着席。





DSC04212.jpg





結局イタリア時間で始まったので、余裕でした(笑)。
事前に予約したのは、フィレンツェのリストランテ
Ora d'Aria(オーラ・ダリア)のシェフ
Marco Stabile(マルコ・スタービレ)氏による料理ショー。
ビールを使った牡蠣とライムのリゾット作りの実演です。
中央の司会者と向かって左側の生産者の話を交えて、
リゾットが作りがスタートします。





DSC04214.jpg





材料はカルナローリ米、ビール、生牡蠣、
ライムの皮、バター、鰯の魚醤、水、オリーブオイルのみ。
最も興味深かったのはリゾットの作り方。
鍋に少しのエキストラ・バージン・オリーブオイルを入れて、
お米が金色に色づくまでよく炒めます。
そして水を加えて蓋を閉めたまま11分間茹で、
続いて2分間蒸らします。

リゾットはお米と具をよく混ぜて、
ブロード(だし汁)を加えながら作るものだと思っていたので、
驚きでした。




DSC04219.jpg




ビールはBirrificio Italiano(ビッリフィーチョ・イタリアーノ)社の
Bibock(ビーボック)。
このビールのために考えられたレシピなので、
ビールならなんでもいいというわけではありません。





DSC04215.jpg






琥珀ビールです。
ピッチャー内の美しい色が全てを物語っています。
琥珀ビール好きの私にとっては嬉しい限り。
各自にグラスが配られ試飲ができました。
喉が渇いていたので、栗蜂蜜の香りに満足してゴクッ。
コクがあるのに、キレがいい。
最後に軽やかな苦みが残ります。






DSC04216.jpg





出来上がったリゾット。
普通は一人前に一個の牡蠣を添えるそうです。
試食用なので少なめですが、それでも贅沢。
お米本来の甘みとライムの爽やかな酸、
牡蠣の塩味、ほんのりビターな後味。
素材を大切にした優しい味わいです。

ショー終了後マルコ氏に「今日はありがとうございます。
面白かったし、リゾットの作り方は意外でした。」というと、
「蓋をするとリゾットに味が全部吸収される上に、
混ぜ合わせないからそれぞれの素材の持ち味が生きるんだ。
こちらこそありがとう。」
と気さくに話してくれました。

このレストランは開店当時からずっと気になりつつ、
まだ行けていなかったのです。
シェフの料理を体験し、ちょこっと話せて、
ぜひ一度行ってみたい!という気持ちが強くなっています。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

イタロの車内サービス





雨が続いた後の青空はいつもより青く見えます。
冷え込みは厳しいですが、
お日様に当たると気持ちがいいです。


先月は出張で数回イタロに乗りました。
パソコン持参でWI-FIサービスを利用。
要領がわからず、繋がるまでに時間がかかったものの
ビジネス用途にはすごく便利です。

写真はプリマクラス(1等)に乗ったときの
ドリンクとスナックサービス。
イタリアの電車や飛行機のサービスでは、
必ずサラート(塩味のいわゆるおつまみ)か
ドルチェ(スイーツ)かどちらにするか聞かれます。
この日は午前中だったのでドルチェに。
さらにクッキーかカラメルアーモンドか選べて、
このクッキーをいただきました。
サクサク手作りの味でとてもおいしかったです。
こういう細かなこだわりが嬉しいです。
隣に乗っていたイタリア人男性も写真を撮っていました。

スマート(2等)の通常料金と同額で
プリマ(1等)の割引料金の切符を購入できる場合があるので、
要チェック。
少しずつ路線が増えていて、ヴェネツィアにも発着。
来月からはミラノ経由でトリノまで行けるようになるようです。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

王冠形の素朴なシチリア菓子






週末から雨、雨、雨。
よく降ります。
洪水の被害が出ている地域がありますが、
濁流のアルノ川の勢いは少しおさまっているようです。


さてトスカーナ州以外で好きな地域と言えば、
シチリア州とカンパーニア州。
なかでもシチリアには長年付き合いのあるご家族のお宅に
お世話になったりと何度も足を運んでいます。
温かい人々、海、そして美味しい食べ物が魅力です。

このお菓子はシチリア出身の友人のお土産で
夏の終わりにはじめて口にしました。
一つ食べただけですごく印象に残っていたので、
再び独特の形のお菓子を目にした時は
すぐにアレだ!と思いだしました。

シナモン味の素朴なお菓子は
甘さ控えめで複雑な味わいなのです。
実はシチリア内陸部のDelia(デリア)という
小さな街の知る人ぞ知る銘菓で、
スローフードにも認定されているそう。

名前はCuddrireddra(クッドリレッドラ???)。
シチリア人しか発音できないとか。
元々はカーニバルの時期に家庭で作られたお菓子で、
生地にシナモンとオレンジピール、赤ワインが練り込まれています。
ひとつひとつ木の棒に巻いて形を作ります。
最後にエキストラ・バージン・オリーブオイルで揚げてできあがり。

サクサクした食感なので、揚げてあるとは意外。
このお菓子に出会いに一度この街を訪れてみたい
と思うほど気に入っています。
ブロンテのピスタチオ、モディカのチョコレートと合わせて、
シチリアの食を巡る旅のイメージが膨らんできます。
来年の春あたり・・・。


テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

世界の値段を知ろう

値段から世界が見える!表紙帯付





出張が重なったため、久しぶりの更新です。
その間にサマータイム終了。
気温も下がって、すっかり晩秋のフィレンツェ。


さて、海外書き人クラブのメンバーとして初参加した
『値段から世界が見える! 日本よりこんなに安い国、高い国』
が本日から配本というニュースが届きました。

世界20カ国から現地で暮らすライターが
モノやサービスの値段についてレポートしています。
私はもちろんイタリアの値段をレポート。
軽快にさらっと読める上、
世界の国々の現状を知ることで、
日本の問題点や解決策を見出すヒントが隠されています。

他の国々のレポートを早く読んでみたいのですが、
残念ながら相次ぐ郵便のトラブルのため、
本を手にできるのはまだ先のことになりそうです。
このところ、日本からの郵便物(特に見本誌)が届かないのです!
ため息をつきたくなりますが、これがイタリア・・・。


『値段から世界が見える! 日本よりこんなに安い国、高い国』
 柳沢有紀夫(海外書き人クラブ)編
 朝日新書(朝日新聞出版)
 定価760円+税(798円)


多くの方に目を通していただけましたら幸いです。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Kaorina

Author:Kaorina
お立ち寄りありがとうございます!

イタリア語で宝物は『テゾーロ』。
大切な人を呼ぶ時も『テゾーロ』。
宝物がいっぱいのイタリア。
フィレンツェ生活を彩る私の宝物を気ままに綴ってみたいと思います。

フィレンツェ在住。イタリアソムリエ協会公認ソムリエ。見本市や商談などビジネス通訳やコーディネイト、執筆、ワイナリー訪問の企画、個人旅行のお客様のアテンド等を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

Girasolilogo.jpg
フィレンツェ発
ビジネスサポート、個人旅行プライベートプラン


◆このブログに掲載されているテキストや写真の無断複写、転載をお断りいたします。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。