スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンたっぷり石榴の果実

DSC03698.jpg



少し前に露店で石榴を見つけました。
プルプル震える寒い朝、
赤い大きな実が元気よく並んでいます。
あー、カメラ持ってきたら良かったと後悔。
「おばちゃん、これ石榴でしょ?」
「そうだよ、ビタミン豊富で美味しいよ。ほらっ!」
と半分に切った石榴の実を食べさせてくれました。
プチプチした小さな粒を口に入れると
「すごくジューシー!」。




DSC03701.jpg




スプーンで粒を取り出して食べている途中、
ハッと気づけば周りに紫色の果汁がペンペン飛んでいます。
けっこう色が濃く、赤ワインのような色。
それで食べるのは諦めて、絞ってジュースに。
割と絞りやすいので、粒を取りだして食べるよりお手軽。



DSC03705.jpg




まるで葡萄ジュースみたいな紫色。
味も種が入った濃いー葡萄ジュースのような、
ベリー系の甘酸っぱさに少し渋みが残ります。
自分で絞る石榴ジュース、健康にも良さそうです。
早くも来年の秋が楽しみです。


スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ポジターノで束の間のリゾートvol.4 海と花と階段

DSC_1548.jpg




お気に入りのテラス。
Albergo Miramare(アルベルゴ・ミラマーレ)は
全室海が見渡せるテラス付き。
目覚めると波の音が聞こえます。
テラスでのんびりワインを飲んだり、
本を読んだりしている宿泊客も。
私も心休まるこのテラスにいるのがとても好きでした。





DSC_1491.jpg




写真もいっぱい撮りました。
朝の海、昼の海、夜の海、
朝の町、昼の町、夜の町。




DSC_1543.jpg
Albergo Miramare
Via Trara Genoino Positano




まるで親戚の家に遊びに来たかのような
温かいもてなしの小さなホテル。
朝食の部屋からはドゥオーモが大きく見えます。
このホテルに戻るにはいつもこの急な階段が待っています。
ビーチでのんびり過ごした後も夕食の後も
ふーふー息を切らしながら登ります。




DSC_1531.jpg




岸壁にどこか懐かしいひるがお。




DSC_1523.jpg





鮮やかで気品のあるハイビスカス。




DSC_1414.jpg




心臓破りの階段。
ふと振りかえれば、素晴らしい景色が目に映ります。
ピーカンの日を待ち望んで延泊を考えたけれども
また来ようと心に決めてポジターノをあとにしました。



テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ポジターノで束の間のリゾートvol.3 アマルフィ海岸クルーズ

DSC03623.jpg




世界遺産に登録されている断崖絶壁が続くアマルフィ海岸。
ホテルの無料クルーズサービスに早速申し込み、
翌々日の予約がとれました。

海から見る景色は格別です。
高級ホテルに檸檬畑や葡萄畑、
まるでおもちゃのように岩崖に一体化しています。



DSC03645.jpg




飛び込み選手権が行われるというこの橋の向こうには・・・



DSC03648.jpg




イタリアで唯一といわれるフィヨルド。



DSC03652.jpg




途中遊泳タイム!
ボートから紺碧の海に飛び込むのは爽快です。
沢山の魚も気持ち良さそうに泳いでいます。

通常はエメラルドの洞窟でストップするそうですが、
この日は波が少し高いため別の場所になったとか。
曇りがちで景色が霞んでいて残念。
それでも、風に吹かれて皆心地よさそう・・・。

かつて栄えた海洋共和国アマルフィで折り返し。




DSC03667.jpg




ポジターノに戻ってきました。
沖から見る街もまた素敵。
コンパクトカメラはこういう時に活躍!


テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ポジターノで束の間のリゾートvol.2 閑静なお庭で優雅に夕食

DSC_1448.jpg
Al Palazzo
via dei Mulini, 23 Positano




ポジターノで驚愕したのは物価の高さ。
初日はリーゾナブルにとカフェレストランで夕食のはずが、
お勘定を見てびっくり。
さすがはリゾート地!
どこで食べても高いのならとこの日はホテルお勧めの
リストランテに行ってみることにしました。

Hotel Palazzo Murat(ホテル・パラッツォ・ムラット)内の
庭にあるAl Palazzo(アル・パラッツォ)の入り口は
メインストリートに面しています。



DSC_1472.jpg




小雨が降ったりやんだりしていましたが、これなら安心。
雨にも濡れず、お庭の雰囲気も楽しめます。



DSC_1455.jpg




お通しのレンズ豆とカチョッタチーズ。
苦手の豆も美味しくいただきました。
牛乳から作られる地元のチーズもあっさりしています。



DSC_1458.jpg




Gambero rossi e funghi gratinati in cocotte
con aglio e spezie mediterrane
海老ときのこのグラタン にんにくと地中海風味

ホワイトソースのグラタンという予想と違って
オリーブオイルとパン粉で焼き上げた熱々の一品。
海老もきのこも新鮮で満足。




DSC_1462.jpg




Vermicelli di Gragnano alle vongole veraci
あさりのグラニャーノ産ヴェルミチェッリ

リストランテではたいがいそこでしか食べれない料理を選ぶのですが、
とにかくボンゴレのパスタが食べたかったのです。
パスタがすごーくもちもちとして美味しかったので、
ウェイターのおっちゃんにどこのパスタか尋ねると
意外にガロファノの袋を持ってきてくれました。
シェフが種類別にさまざまメーカーのパスタを食べ比べたところ、
ヴェルミチェッリはガロファノが一番だったとか。
ガロファノは以前このブログでとりあげてお馴染み。
いつもロングパスタはスパゲッティを買っていたので、
ぜひ一度ヴェルミチェッリを試してみて、
シェフの味を再現?してみたいものです。
それにしてもヴェルミチェッリはスパゲッティより
細いパスタだとずっと思い込んでいました。

パスタ談義で花が咲き、落ち着いた雰囲気に親しみやすさが加わります。
地元ワインのTenuta San Francesco(テヌータ・サン・フランチェスコ)の
Tramonti bianco(トラモンティ・ビアンコ)2010がすすみます。




DSC_1466.jpg




食事を一通り終えて、厨房へ。
対面式でとても開放的。
シェフのサバティーノ氏(写真向かって右端)と
ウェイターのおっちゃんを介して弾んだパスタの話を軽くして、
せっかくだから皆で記念撮影。
気さくで南イタリアらしい明るいスタッフ。




DSC_1467.jpg




その様子を横で見ていたマンドリンとギターを演奏する二人、
「俺たちも撮ってくれー」と目線はカメラに釘付け。
ほんとは生演奏中のさりげない雰囲気をとりたかったのにな・・・




DSC_1473.jpg




Sfogliata tiepida alle mele al profumo di agrumi,
pinoli ed uvetta
りんごのあったかいパイ 柑橘類の香りと松の実と干し葡萄と

席に戻ってドルチェの時間。
ウェイターのおっちゃんのお勧めを注文します。
運ばれてきた途端、「うわぁ、きれい!」。
おっちゃんも満足そう。
薄い生地にりんごがたっぷりと詰まったパイはとてもジューシー。
見て楽しみ、食べて楽しみました。

食後のカフェにはカントゥッチとレモンのメレンゲがつき、
もうお腹いっぱい。

食べて、飲んで、笑って・・・
大満足!!!

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ポジターノで束の間のリゾートvol.1 絵になる風景

DSC_1535.jpg




ポジターノへ行こう!と9月末に思い立ち、
ナポリから満員のヴェスビオ鉄道で、
懐かしのポンペイ駅を通りすぎ、終点ソレントへ。
ソレントからバスに揺られてポジターノに到着。
フィレンツェからは5時間強の旅。

ポジターノはアマルフィ海岸の有名なリゾート地。
断崖絶壁に建物がぎっしりと並ぶ風景に
どこからみても感嘆の声があがります。




DSC_1436.jpg




日が落ちて街に明かりが灯ると、
ロマンチックな雰囲気に。




DSC_1504.jpg




14世紀に建てられたドゥオーモ。
所狭しと建物が並ぶ中、どっしりと存在感があります。
マヨルカ焼きのモザイクで装飾されたクーポラは
光が射すときらきらと輝きを増し、
何度見ても飽きません。


テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Kaorina

Author:Kaorina
お立ち寄りありがとうございます!

イタリア語で宝物は『テゾーロ』。
大切な人を呼ぶ時も『テゾーロ』。
宝物がいっぱいのイタリア。
フィレンツェ生活を彩る私の宝物を気ままに綴ってみたいと思います。

フィレンツェ在住。イタリアソムリエ協会公認ソムリエ。見本市や商談などビジネス通訳やコーディネイト、執筆、ワイナリー訪問の企画、個人旅行のお客様のアテンド等を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

Girasolilogo.jpg
フィレンツェ発
ビジネスサポート、個人旅行プライベートプラン


◆このブログに掲載されているテキストや写真の無断複写、転載をお断りいたします。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。